受給事例・最新情報


選ばれる5つの理由

選ばれる理由

障害年金専門の社会保険労務士・スタッフによる万全のサポート

運営は社会保険労務士法人 牧江&パートナーズ。総勢55名のスタッフには社会福祉士、労災や傷病手当金、社会保険などの専門家もいます。ご相談者をトータルにサポートします。

選ばれる理由

年間相談実績890件超、受給率96.18%以上(令和2年1月~12月実績)

開設以来、多くの方からご相談を頂いています。これまでの実績と経験を活かし、一人でも多くの方のお役に立てるようサポートします。

受給率を上げるために、困難な案件を避ける事務所も多い中、当センターは一般的に障害年金の認定が困難と言われている「がん」「椎間板ヘルニア」「関節リウマチ」「喘息」「繊維筋痛症」「慢性疲労症候群」「難病」などにも対応しています。その上で、この高い受給率実績を維持しています。

困難な案件ほど「燃える」スタッフが当センターの自慢です!

選ばれる理由

兵庫県最大級の受給事例データ!近隣一番の情報量

障害年金がもらえるかどうかの審査は書類のみで判断されます。つまり、もらえるかどうかは 書類内容次第なのです。

“一番良い結果”で障害年金を受給するためには、高度な専門的知識と経験に裏打ちされた障害に合わせたきめ細やかな対策が必要です。研究会などで得た豊富な知識、当センターの過去のデータと経験は全国でも有数と自負しています。

この知識と経験を生かして、他事務所で「困難」と言われた案件、「断られた」案件、「初診の証明ができずに申請を諦めた」案件、「一度不支給になった」案件など、少しでも可能性があれば、当センターは受任し、受給を実現してきました。
依頼者が確実に障害年金を受給することができるよう、経験豊富なスタッフが「親しみやすい・話しやすい」きめ細やかなヒアリングを行っています。

選ばれる理由

長~い・長~いおつきあいを

私たちは障害年金の受給決定後も障害年金だけでなく日常生活でおこる様々なご相談にお応えしています。障害年金は、更新手続き、病状の変化、老齢年金などの他の年金の開始など、長い年月のフォローが必要となるケースが大多数です。

私たちはお客様にいつまでも寄り添ってお手伝いしたいと思っております。そのため相談員も多数・組織化しています。お客様に安心してお任せいただく体制を整えています。

選ばれる理由

初回相談料無料、成果報酬型の費用体系

初回面談で、受給の見込みや金額を正直にお話しします。
契約時には事務手数料として2万円(税抜き)を頂きます。後は障害年金受給権が認められた場合のみ報酬を頂戴する報酬体系をとっております。

※障害年金が受給できるとなった場合、多くの場合最初にみなさまの口座には2か月分以上の年金が振り込まれます。その中からサポートの報酬をお支払い頂くため今お金がなくても安心して依頼頂くことが出来ます。



会長 挨拶

お客様と手を取り合って喜ぶ、それが私の最大の願いです。

はじめまして。
兵庫・大阪障害年金相談センターを運営しております社会保険労務士法人 牧江&パートナーズ会長の牧江重徳です。 この度は、たくさんのホームページの中から当サイトにご訪問頂き、誠に有り難うございます。
この度、大阪市をはじめ大阪府の皆様のお役に立ちたく、障害年金 大阪相談室をOPENしました。
当センターは昨年度、890件を超える相談件数がございました。申請後の受給率は96.18%です。

障害を負ってしまわれた場合、ご本人様とそのご家族の皆様は経済的問題を一番不安に感じられることと思います。その収入減を補い、以後の生活を支えるものが『障害年金』です。障害者に対する所得保障の充実は、家族の経済的負担を軽減させ、精神的安定感をもって障害者を支える重要な役割を果たします。
ところが障害年金の制度は、利用しようとしても複雑でわかりにくいところから、手続き段階で挫折したり、受給要件を見誤ったりと、本来であれば受け取る権利のある多くの方が受給に至っていないのが現実です。そういった方を救済したいという思いから、平成25年から障害年金請求支援を専門として、兵庫・大阪障害年金相談センターを運営してまいりました。

当センターは社会福祉士・社会保険労務士のダブルライセンスでご相談者をフルサポートいたします。社会福祉士と社会保険労務士がタッグを組んでのご支援、これに勝るものはないかと思います。 お気軽にご連絡下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

兵庫・大阪障害年金相談センター 会長
牧江 重徳(まきえ しげのり)
資格
特定社会保険労務士
社会福祉士
行政書士



兵庫・大阪障害年金相談センター センター長 挨拶

兵庫・大阪障害年金相談センター センター長の田中 靖浩です。
この度、大阪市とその周辺の地域にお住まいの方の障害年金受給のお手伝いをしたく、姫路相談室を開所しました。
障害年金の受給は誰が申請するかで成果が大きく変わってきます。理由は、障害年金は書類審査で全てが決まるからです。つまり、どんなに症状が重く、日常生活に支障が出ていても、申請書類にその内容が反映されていなければ不支給になってしまうことも当然在り得るのです。
したがって、多くの方々が複雑な障害年金制度を理解し切れず、途中で手続きをあきらめてしまったり、申請方法がわからず全く手をつけることができなかったりと受給できるはずの多くの方々に対して行き届いていないというのが現実であると感じております。

スタッフ約55名の社会保険労務士事務所が母体の当センターでは、専任の社会保険労務士が経験と実績を活かして全力でサポートさせていただきます。初回のご相談は無料です。お気軽にご連絡下さい。

兵庫・大阪障害年金相談センター センター長
田中 靖浩(たなか やすひろ)
資格
特定社会保険労務士


事務所について

職員数

58名
  ◇特定社会保険労務士  3名
     特定社会保険労務士 牧江 重徳
     特定社会保険労務士 田中 靖浩
     特定社会保険労務士 太田 薫
  ◇社会保険労務士試験合格者  6名
  ◇行政書士(試験合格者含む) 4名

沿革

昭和52年10月5日 牧江社会保険労務士事務所設立
昭和52年10月25日 牧江行政書士事務所設立
昭和53年4月1日 労働保険事務組合 阪神商工業協会 設立
昭和54年2月2日 労働保険事務組合 関西商工労務協会 設立
昭和55年8月1日 労働保険事務組合 阪神経営労務管理協会 設立
昭和62年5月10日 1人親方労災保険 兵庫県建設業労災保険組合 設立
平成19年4月1日 特定社会保険労務士 登録 平成20年6月1日 牧江社会福祉士事務所 設立
平成23年4月1日 名称を 牧江・田中社会保険労務士事務所 に変更
平成25年1月1日 障害年金部門を独立し、兵庫・大阪障害年金相談センターを開設
平成25年5月1日 名称を 牧江・田中社労士法人 に変更し、法人組織化
平成28年4月1日 名称を 社会保険労務士法人 牧江&パートナーズ に変更